スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食物アレルギーの子供に教えたいこと

食物アレルギーというと、乳幼児の病気というイメージが強いですよね。
私も大きくなれば治るんだ・・・そう信じて日々の生活をしてきました。
実際、食べられなかったバナナや柑橘類も、いちごも、大豆も、
今や食べても何の症状もありません。
食べられる物が増えたことは本当にうれしく・・・そしてありがたいことです。

が、実際には完治はしていません。
卵は黄身しか試していませんし、小麦はまだ除去しています。
3歳になれば・・・、小学校に入るまでには・・・その希望はあえなく敗れました。
ラテックスという新たなアレルギーも怪しいし。。。

希望を裏切られ、落胆し続けて
今の私は、親として少しだけ現実を受け止められるようになりました。
たとえすべて食べられるようになったとしても、アレルギー体質であることに間違いはないし
多食すれば、また何がアレルギーになるかはわからない・・・。
別に、あきらめるわけではないけれど、受け止めて前に進むことが大事かなと。

で、これからに向けてまず娘に教えたのが、
「原材料」「卵」「小麦」の漢字です。
毎回必ず自分で見て判断するように言い聞かせていますから
お菓子を買うときも自分で裏を見ています。
先日、ゼリーの蓋のふちに沿って原材料が書いてあるのを見て
「これ円く書いてあっておもしろ~い」と言っていましたが、これもアレルギーっ子ならでは(笑)。
自分で判断できて自分で自衛できるのが大事ですから。
今後ますますその必要は出てくるでしょうし。

そしてこれからは・・・料理を教えたいと思っています。
アレルギーになりにくい彼女の体に合った和食や野菜を中心にした料理です。
学校という組織にいるとついつい「皆と同じものを食べられるようになること」に
主眼を置きがちですが、別に一緒に食べられなくてもいいんですよね、ブッチャケテ言えば(笑)。
マックを昼ごはんにするような生活はしてほしくないし、
お弁当の学校へ行ってもいいし、大学や社会人になればそんなことはどうでもいいかも。
もちろん、小麦も卵も食べられるようになってくれることを強く望んでいます。
そうすれば、「食べて命を落とす」なんていうリスクも減るわけですから。

でも、この先少なくとも、自分の体を守るためにどういった食事をしていけば
体に負担がすくないのかは知っていてほしいと思います。

いつか仕事を選ぶときに、一人暮らしだと食事が困るからとか
海外へ行くと食事が困るからとか、そんな理由で
彼女自身の選択肢を減らしてほしくないし
私がいなくなっても、彼女が自分の身を守ることができるように育てたいのです。
「自分に安全な食を選び自炊できること」が
食物アレルギーを持つ子供にとっては必要不可欠なことだと思っています。



テーマ : アレルギー・アトピー
ジャンル : 育児

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

食物アレルギーの子供に教えたいこと

アレルギーのブログに書いた記事をちょっと修正して・・・。 食物アレルギーというと、乳幼児の病気というイメージが強いですよね。 私も大きくなれば治るんだ・・・そう信じて日々の生活をしてきました。 実際、食べられなかったバナナや柑橘類も、いちごも、大豆も...

コメントの投稿

Secret

頑張る仲間たち
皆さん頑張ってます☆
にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
カテゴリツリー
FC2プロフ
最近の記事
今までの訪問者
最近のトラックバック
RSS
ページランク一括Checker
ページランク一括チェック
Present's by サンエタ
FC2拍手ランキング
リンク
フリーエリア
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。